:::
:::

石門の紹介

histroy.png li.png view.png jp.png


当区、明鄭時期(西曆1662年~1683年間)は最初福建省天興県に隷属し、後は天興州に隷属する。清康煕23年(西曆1684年)、諸羅県に隷属し、雍正元年(西曆1723年)淡水庁淡水堡,後は芝蘭堡に隷属する。光緒元年(西曆1875年)淡水県と基隆庁を設置し、本区西部(石門村から西)は淡水県の芝蘭三堡に隷属し、東部(尖鹿、乾華、茂林、竹里、草里五村)は基隆庁金包里堡に隷属する。光緒21年5月(西曆1895年、明治28年)、台湾は日本に占領され、台北県になった、西部は淡水支庁に隷属し、東部は基隆支庁に隷属する。光緒23年4月(西曆1897年、明治30年)支庁が廃止され、辦務署を設置し、西部は滬尾辦務署とし、東部は金包 里辦務署とする。光緒27年(西曆1901年、明治34年)県が廃止され庁になって、西部は台北庁小基隆支庁に隷属され、東部は基隆庁金包里支庁に隷属される。宣統元年10月(西曆1909年、明治42年)改制され、基隆庁は台北庁に編入され、支庁下に区署を設置、本区は小基隆支庁老梅区に隷属され、東部は金包里支庁阿里荖區に隷属される。